キレイな海を見ながら結婚式を行なうことができる

和風のスタイル

和婚とはどういう結婚式か

和婚という結婚式のスタイルがあります。端的に言えば日本的・和風のものを取り入れた結婚式のことを指します。その定義は広く伝統に則ったスタイルもあれば、お色直しで着物を着用するというような少しだけ和風を取り入れたスタイルもあります。 和婚のカテゴリーの中で、伝統的なものとして一般によく知られているのは神社などで行われる神前式ですが、お寺で挙げる仏前式などもあります。 因みに神前・仏前式はどちらも明治以降に新しく出来たスタイルで、それ以前は自宅に親族を招いて結婚式を執り行っていました。現在で言うところの人前式に近いものです。 そういった全体的に和風な結婚式ではなく、お色直しに和装を取り入れる方は結構多いです。また披露宴を和室の宴会場で行ったり、出される料理を和食にするといったことも和婚のスタイルとして存在します。

個性的な結婚式を挙げられるというメリット

和婚の良さは何といっても日本にあって、日本でしかできない結婚式を挙げられるということにあります。 とは言っても決して格式ばったものばかりではなくて、様々なスタイルがあります。それぞれの好みに合ったスタイルを選べる良さがあり、個性的な結婚式を挙げることが出来るというメリットが和婚にはあります。 具体的にいうと、神前式や仏前式を挙げようとした場合、どこの神社やお寺で挙げるかという選択肢があります。 一部の大きな神社には披露宴会場もあったりして、一般的な結婚式場やホテルなどと同様のサービスも受けられます。 また、小さな神社やお寺では元々決まった結婚式のプランがあるわけではないので、自分たちで色々準備や人員の手配をしなければなりません。手間はかかりますが、一方で自由度が高いという意味でオリジナルの結婚式に仕上げることが出来ます。 和装を着つつ髪型は洋風にするなどのアレンジも、最近は神前・仏前式でも取り入れられるようになっており、工夫次第で伝統的でありつつ自分らしい結婚式も挙げられます。